借金返済方法 任意整理ができる人は?

債務整理は誰もができる整理方法ではないんですね。
債務整理には自己破産や任意整理、民事再生とあって
借金額とその人の生活状況で変わってくるようです。
債務整理の一つの任意整理をみても、
できる人とできない人がいるようですから。

 

任意整理は借金を減額して支払っていく整理方法になりますが
この任意整理ができる人は、収入の見込みがあり
原則3年間続けて支払いができる人のようです。

 

借金減額後に3年になりますから、
36回月に1回ちゃんと借金を返せる人が
任意整理ができるとなるようですから
月々の返済をしなが生活ができる人なら
可能ということになるみたいですね。

 

借金が大きい場合に心配なのが3年で返せるのかどうかって
思いますが、交渉次第では5年の60回払いにもなるようなので
弁護士の力量にも関わってきますね。

 

この任意整理はきちっと返していくことが条件になるようなので
借金返済しながら、ぎりぎりの生活しかできない場合は
すすめられない債務整理方法になるようです。

 

万が一途中で借金の返済ができなくなってしまった場合は
交渉で支払いを待ってもらえる場合もあるようですが
自己破産などの違う道を考えた方がいいようです。

 

自己破産になってしまうと、借金はなくなりますが
財産没収、家を手放すことになるといったことになりますので
悩むところだと感じます。

 

借りたお金は帳消しになるけれど、奪われるものも大きいので
失いたくない人はできるなら任意整理の方がいいようです。