なんで任意整理をすると借金が減るの?

弁護士さんから任意整理とは債務整理の方法の一つと聞きました。
でも自己破産とは違い、借金はすべて0になるのではなく
払っていかないといけないようです。

 

払っていかないといけないけど、
現在の支払いより減額される場合があるかもしれないのが
任意整理になるようです。

 

なんで任意整理をすると借金が減額されるのか?
その仕組みについてようやく理解できたかな。
間違っているかもしれないけど自分なりに解釈したのがこれです。

 

借金が始まった時点に戻って
かりたお金の金額にいくら利息がついているか調べます。
この利息が問題で、金融業者がグレーゾーンと言われる
法に触れないぎりぎりの金利で貸し付けているのかどうか
が鍵になるようです。

 

どうも貸し付けの金利については、出資法と利息制限法という
2つの法があり、ややこしいですがこの2つの法が
認める金利の上限が違っていたようです。

 

今は法改正されて2つの法の金利上限が同じになっているようですが
昔は違っていて
出資法の上限金利が29.2%
利息制限法だと借しつけ金額によって金利が違いますが
15%から20%内になります。

 

出資法 − 利息制限法 =金利払い過ぎ

 

になり、払いすぎた利息をもともと借りたお金、
元金の返済にあてることで、借金も減額するかも
と言った債務整理が任意整理になるようです。

 

元金が減るだけでなく、利息を合わせると元金以上に返済している
場合もあるようで、これは過払い金といってお金が
戻ってくる場合も考えられるようです。

 

借金時の利息がいくらであったのか?
これで今後の返済がどうなるのかが決まるようですよ。

 

もし金利が法内の基準であっても
弁護士さんの腕でもしかしたら金利が安くなる場合も
あるかもしれないのであきらめない方がいいようです。